風俗求人に応募する前に消耗品のコストについて考える

風俗求人であらかじめ知っておいたほうがいいことは、消耗品などは店が持ってくれるのか、それとも自費でこちらが支払わなければいけないのかという点です。どちらが持つかによって給料の天引き率も違ってきますので確認が必要です。

風俗ではサービス提供時に消耗品がある

風俗業界ではサービスを提供するにあたって消耗品が色々とあります。例えばですがローションや、タオル、コンドームやなにかそれ以外にもお客様に性的なサービスを提供するにあたって必要な消耗品が出てくるかもしれません。意外と店が全部用意してくれているだろうと思っている人も多いのですがそうではないのです。

消耗品のお金は誰がもつのか

消耗品は1ヶ月辺り5000円から10000円程度だとは思うのですが、そのお金を女性がもつのか、それとも店が支払ってくれるのか、これが重要なところなのです。店がもってくれるなら問題はないのですが、場合によっては自分で支払わなければいけないこともあります。そうすると給料から支払うことになりますので、お金が減りますね。風俗求人をチェックする際は消耗品の費用は誰が支払っているのか、その点も確認した上で応募したほうがいいでしょう。

目先のお金だけにとらわれない

目先のお金だけを見て選んでいると、給料が高いので応募してみたら消耗品はその中から支払うことになっていたというケースはよくあります。そうならないためにも、内訳をしっかりと見て消耗品のお金が入っているのかどうか、別途自分で支払う必要があるのかどうかなども含めてちゃんと求人に応募する前に確かめて置く必要があるでしょう。それが出来るかどうかで手取りも変わってきますし、思った以上に稼げないということもあるでしょう。

関連する記事