風俗求人で見るべき最低保証金制度について

風俗求人で見ておくべき項目として、最低保証金があります。風俗業界で働いたことがないという人は、最低保証金の存在がわからないという人もいるのですが、最低保証金制度の内容も含めて、ここでは詳しく見ていきましょう。

最低保証金制度というのはなんなのか

最低保証金制度、これは働いた日に、もしお店が暇でお客さんを相手することがなかったとしましょう。しかしいつお客さんが来るのかわからないので待機していなければいけません。待機している時間帯も、最低限の時給を支払ってくれるという制度が最低保証金制度です。店によっては出来高制で相手をしてナンボというように、実際にお客様のサービスを提供していなければいくら待機時間が長くてもお金を支払ってくれないところもあるので注意が必要です。

最低保証金制度の意味合いについて

通常のアルバイト、パートの場合には時給、日給のお金は最低限そこにいて働いている以上保証されるでしょう。ですが風俗の場合は働いた分のみ、つまりサービスを提供した分だけ然お金がもらえないので、暇な店で働いてしまうと全く稼げないということがあります。一度サービスを提供すればもらえる額は多いですが、サービスをコンスタントにこなさなければあまり稼ぐことができないのです。

指名制度で稼がせる店

風俗で稼ぐということは指名制度を利用するのが一番です。指名一人につきいくらといったところもありますが、指名が取れなければ厳しいので、もしそれは困るというのであれば、指名制度を導入していないところで働いたほうがいいのかもしれません。長年勤めている人に指名を取られて全く働けないこともあります。固定のリピーター客がついてくれさえすればいいのです。

関連する記事