風俗求人に応募する前に消耗品のコストについて考える

風俗求人であらかじめ知っておいたほうがいいことは、消耗品などは店が持ってくれるのか、それとも自費でこちらが支払わなければいけないのかという点です。どちらが持つかによって給料の天引き率も違ってきますので確認が必要です。

風俗ではサービス提供時に消耗品がある

風俗業界ではサービスを提供するにあたって消耗品が色々とあります。例えばですがローションや、タオル、コンドームやなにかそれ以外にもお客様に性的なサービスを提供するにあたって必要な消耗品が出てくるかもしれません。意外と店が全部用意してくれているだろうと思っている人も多いのですがそうではないのです。

消耗品のお金は誰がもつのか

消耗品は1ヶ月辺り5000円から10000円程度だとは思うのですが、そのお金を女性がもつのか、それとも店が支払ってくれるのか、これが重要なところなのです。店がもってくれるなら問題はないのですが、場合によっては自分で支払わなければいけないこともあります。そうすると給料から支払うことになりますので、お金が減りますね。風俗求人をチェックする際は消耗品の費用は誰が支払っているのか、その点も確認した上で応募したほうがいいでしょう。

目先のお金だけにとらわれない

目先のお金だけを見て選んでいると、給料が高いので応募してみたら消耗品はその中から支払うことになっていたというケースはよくあります。そうならないためにも、内訳をしっかりと見て消耗品のお金が入っているのかどうか、別途自分で支払う必要があるのかどうかなども含めてちゃんと求人に応募する前に確かめて置く必要があるでしょう。それが出来るかどうかで手取りも変わってきますし、思った以上に稼げないということもあるでしょう。

風俗求人に応募する前に店のコンセプトやサービスを知る

風俗求人をこれから見る際に何を見るか、どこを見るべきなのか、正直悩むこともあるでしょう。見ておきたいところとして店のジャンルが自分の雰囲気や目的に合致しているのかという点です。女性からすれば性的サービスをする店には変わりないですが仕事内容は様々です。

風俗のジャンルは様々なので

基本は性的なサービスを実施する場所、それが風俗業界ですが、それぞれの店によって内容が違うという特徴があるのです。風俗の最高峰であるソープランドはプロの技術で恋人には求められない濃厚な性的サービスを受けることができますし、イメクラはコスプレの衣装を来て、シチュエーションを楽しむことが出来る性的サービスです。それ以外にも色々とピンサロと呼ばれる店やデリヘルなどもありますので、本当にジャンルによっても内容が違っているのです。

自分が店のコンセプトに合致しているのか

自分の雰囲気や目的、できるサービスの内容が店のコンセプトやサービス内容にあっているのかどうか、これは必ず見て置かなくてはいけないことでしょう。例えばコスプレなんて着れない、そんな性的サービスはできないなど色々と言い分もあるでしょう。演技力が求められるイメクラでマグロはまずいですので、それなりに合う、合わないということはあるのです。また、ソープランドなどでは、高いお金を支払ってお客様は利用しているので、それなりの技術やテクニックを身につけていなければ難しいこともあります。

必ずホームページを見る

求人に応募する前に必ず自分でその店のホームページを見ておきましょう。見ることでどのような店舗なのか大方知ることができるのでコンセプトなどもわかります。合わないと思ったら応募をやめておきましょう。

風俗求人で見るべき最低保証金制度について

風俗求人で見ておくべき項目として、最低保証金があります。風俗業界で働いたことがないという人は、最低保証金の存在がわからないという人もいるのですが、最低保証金制度の内容も含めて、ここでは詳しく見ていきましょう。

最低保証金制度というのはなんなのか

最低保証金制度、これは働いた日に、もしお店が暇でお客さんを相手することがなかったとしましょう。しかしいつお客さんが来るのかわからないので待機していなければいけません。待機している時間帯も、最低限の時給を支払ってくれるという制度が最低保証金制度です。店によっては出来高制で相手をしてナンボというように、実際にお客様のサービスを提供していなければいくら待機時間が長くてもお金を支払ってくれないところもあるので注意が必要です。

最低保証金制度の意味合いについて

通常のアルバイト、パートの場合には時給、日給のお金は最低限そこにいて働いている以上保証されるでしょう。ですが風俗の場合は働いた分のみ、つまりサービスを提供した分だけ然お金がもらえないので、暇な店で働いてしまうと全く稼げないということがあります。一度サービスを提供すればもらえる額は多いですが、サービスをコンスタントにこなさなければあまり稼ぐことができないのです。

指名制度で稼がせる店

風俗で稼ぐということは指名制度を利用するのが一番です。指名一人につきいくらといったところもありますが、指名が取れなければ厳しいので、もしそれは困るというのであれば、指名制度を導入していないところで働いたほうがいいのかもしれません。長年勤めている人に指名を取られて全く働けないこともあります。固定のリピーター客がついてくれさえすればいいのです。

風俗求人ではトラブル対処法をチェックしましょう。

風俗求人で見るべき項目の一つとしてトラブルが起きたときの対処法についての記載があるかどうかは重要です。お金の面だけでついつい選んでしまいがちなのですが、トラブル対処が徹底している名駅周辺の店はたくさんあります。

風俗店に起きがちなトラブルについて

風俗店ではどのようなトラブルが起きるのでしょうか。例えば女性はあまりイメージすることができないかもしれないのですが、お客さんは皆さんシラフでまともな人ばかりではないのです。場合によってはお酒を飲んできている人もいますし、暴言や暴力をするお客さんもいるのです。スタッフを気に入りすぎてストーカー行為をしたり、清潔感のないようなお客様もいます。またお客様とのトラブルだけでなく女性スタッフ同士のトラブルだってありますので注意が必要です。トラブルで多いことは人間関係のトラブルが多くそれが悪化してしまうことで揉めるケースが多いでしょう。風俗業界に限った事ではないかもしれませんね。ですが労働組合などがない業界ですし、知り合いにも相談しくい仕事ですので、トラブルの対処が徹底しているのかどうかは、求人に応募するまでに知っておくべきでしょう。

デリヘルはトラブルが多いので注意

店舗型のヘルスか、デリバリーヘルスか、どちらがトラブルが多いのかといえば、店舗型の方がトラブルは少ないです。お客様とトラブルになってしまっても、店舗の中に男性スタッフもいれば女性スタッフもたくさんいるのでなんとか解決できますし、お客さんもそれほどトラブルにならないようにしてくれているのです。しかし、デリヘルの場合には二人きりになりますのでトラブルは多くなりがちですので注意が必要でしょう。

風俗求人ではどこまでしなければいけないのか見る

風俗求人でこれから働くなら考えておかなければいけないことがあります。それはあなたがどこまでのサービスが可能であるかということです。どんなサービスを風俗店が実施しているのか知った上で自分がどこまでやれるのか考えて応募するべきでしょう。

基本的なサービスについて

風俗という業界での基本的なサービス、それはやはり性的なサービスとなります。本番行為をするのはソープランドだけですので、それ以外のところは手、口で性的なサービスを実施することになります。しかも最近はリアルな世界を疑似体験したいというニーズから、恋人のように接するサービスを求めてくるお客様も増えています。基本的にどの風俗のジャンルでも、自分の口、手を使ってお客様を快楽へと導くということです。店によっては服を脱ぐことがないところもあれば、サービス内容は様々なので、自分がどこまでできるのか、またどこまでやらなければいけない店なのかということをしっかりと理解しておきましょう。

ソープランドのサービスについて

風俗の中でも最高峰と言われているのがソープランドです。ソープランドでは自分恋愛で大人の擬似恋愛を楽しめるという醍醐味があります。濃厚な時間が過ごせるために人気で、本番行為もあります。もしソープランドで働こうと思っているのなら、そこまで自分がサービスを提供することができるのかどうか、それをしっかりと考えておかなければいけません。もしできないのに働き始めたらどうなるでしょう。ストレスが溜まって心身ともにボロボロになってしまうこともあるでしょう。嫌なサービスを実施して無理して働かなくても、楽しく働くことが出来る所を探す必要があると言えるでしょう。